平日夜20時まで受付OK・各種保険取扱・交通事故・自賠責・労災
平日夜20時まで受付OK
カナメ整骨院ロゴ
 通院が更に便利に!
通院が便利な整骨院

046-221-6553

平日:9:00-12:00
   15:00-20:00
土曜:9:00-14:00 予約制

カナメの保険診療

 
トップ > 保険診療 > カナメの保険診療

整骨院の保険適応

Health insurance

 

保険を使えるのはどんなとき

  • 整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)の施術を受けた場合に保険の対象になります。
  • なお、骨折及び脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。

 

治療をうけるときの注意

  • 単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。
  • 療養費は、本来患者が費用の全額を支払った後、自ら保険者へ請求をおこない支給を受ける「償還払い」が原則ですが、柔道整復については、例外的な取扱いとして、患者が自己負担分を柔道整復師に支払い、柔道整復師が患者に代わって残りの費用を保険者に請求する「受領委任」という方法が認められています。
    このため、多くの整骨院・接骨院等の窓口では、病院・診療所にかかったときと同じように自己負担分のみ支払うことにより、施術を受けることができます。
  • 柔道整復師が患者の方に代わって保険請求を行うため、施術を受けるときには、必要書類に患者の方のサインをいただくことが必要となります。
  • 保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中は、施術を受けても保険等の対象になりません。

正しい健康保険のご利用をお願いします

 
健康保険等の療養費は、あなた、そして健康保険に加入されている方々の保険料等から支払われます。
医療費の適正な支出のため、次のことをお願いします。
 

①必ず教えてください

負傷原因を(いつ・どこで・何をして、どんな症状があるのか)を正確に伝えてください。
※何が原因で負傷したのかきちんと話してください。
※外傷性の負傷でない場合や、負傷原因が労働災害に該当する場合又は、通勤途上におきた負傷は健康保険等は使えません。
※交通事故等による第三者行為に該当する場合は保険者に連絡してください。
 

②必ず確認してください

療養費支給申請書の内容について(負傷原因、負傷名、日数、金額など)よく確認して、署名または捺印をしてください。
※療養費は、本来患者が費用の全額を支払った後、自ら保険者に請求を行い、支払を受けるものですが、柔道整復については、患者が柔道整復師に受領委任をすることで、あなたが施術を受けて支払う全額費用から、自己負担分を引いた残りの費用を患者本人に代わって保険者に請求し支払を受けることが認められています。
受取代理人の欄への署名は、傷病名、日数、金額をよく確認し、原則患者本人が署名することになっています。よく確認をせず、受取代理人の欄に署名することは、間違いにつながるおそれがありますので、十分注意してください。
(あなたが手首の負傷などにより自筆できない場合は代筆でも可能ですが、その場合は捺印が必要です。)
 
施術が長期にわたる場合、内科的要因も考えられますので、医師の診断を受けてください。
 

③必ず保管してください

領収証を必ずもらって保管しておき、医療費通知で金額・日数の確認をしてください。領収証は再発行はできませんのでご注意ください。
 
 

保険適応になる症状

Health insurance

骨折・脱臼

整骨院では骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などのケガについて、痛みの少ない愛護的な施術で腫れや痛みを軽減させ、早期の日常生活復帰に努めています。

骨折・脱臼の場合は整復、固定の応急手当を実施し、医師の同意のもとで施術を行うことができます。

ねんざ

急に足をひねった、体をひねって腰を痛めた、急に立ち上がろうとして股関節をひねったなど。関節に対して急激な動作で靭帯を痛めてしまう状態をねんざ(ねんざ)といいます。関節が、本来動ける範囲を超えて曲げられたり、伸ばされたりしたとき、関節を支えている組織である靱帯(じんたい)や関節包(かんせつほう)などの軟部組織に損傷がおこった状態を指します。

多くは患部に痛みと腫脹、熱感を伴う、一般的に医学用語としては靭帯損傷と呼ばれる状態です。部分損傷、部分断裂、完全断裂と、症状により程度が分類されています。ねんざだから軽い症状だと決めつけずにできるだけ早めにご来院頂き、状態を確認することをオススメします。

打撲

打撲だぼくとは、なんらかの衝撃によって体の一部におこる損傷のことです。皮膚やその下の軟部組織(なんぶそしき=筋、脂肪、血管など)が損傷をうけるため、筋肉組織のあいだに出血や炎症がおこります。「打ち身」と呼称されることもあります。打撲したところには、皮膚の変色が現れます。これは内出血がおきているためです。最初は青紫色であることが多いですが、時間が経つにつれて茶色、黄色、緑色などに変化していきます。打撲は体のどこにでも起こる可能性があり、受傷したときの対処法も部位によって違います。特に頭や目といったところに衝撃をうけると、より重症な症状になる可能性もあるため注意が必要です。

肉離れ

肉離れとは、筋肉の一部分が断裂した状態を指します。スポーツの競技中などに起こる急激な筋肉の収縮により発症することがあります。肉離れを起こすと、その瞬間に筋肉の断裂音が聴こえることがあり、その後、痛みが生じます。

典型的なふくらはぎの肉離れは、下腿二頭筋の内側頭の筋肉の部分断裂です。大腿部のものは、前面は大腿四頭筋、後面はハムストリングの筋部分断裂です。 筋肉が伸ばされながら収縮すると、筋力に負けて部分断裂を生じることがあります。スポーツ中に強い力がかかった可能性があり、典型的な部位に圧痛があれば、判断できます。時には断裂部の陥凹を触れることもあります。